スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
納得の“因果応報”シリーズ ⅳ
前世・現世・来世でとらえる人生


(2)現世の生き方が来世につながるパート3


―来世以降に宿題を残さないようにする―


因果の理法を釈尊は次のように説いていたのです。


「過去世でのことについては、今世では手が及ばないが、

今世でのことは、少なくとも来世につながることは確実である。




今世を生きていく過程において、悪い種子を心のなかに播かないようにしよう。


悪い種子を播けば、生きている間にも、それは育ってくるが死んだあとであっても、それがなくなることはないのだ。



魂の傾向性として宿題が残り、来世では天界以外のところに行くことになる。


さらに来来世というその先の生まれ変わり、もう一回先の生まれ変わりにおいても、その宿題をもって生まれることになる。


今世の何十年かの人生で作った魂の強い傾向性、カルマというものは、来世以降もかなり持ち越すもので、そういう宿題を残さないようにしよう。



まず、まく種に、木をつけ、悪い種を播かないようにしよう。

悪い種を播いてしまったら、次は、それが育たないように努力しよう。

それが育ってしまったときには、今世において、刈り取られるものならそれを刈り取ってしまおう。」



このように釈尊は説いたのです。



―知らずに犯す罪をあがなえるだけの高度な価値を生む―



悪の種というものは常にあります。



また、どのような人であっても、一つの悪も犯さずに一生を送ることはできません。

もちろん、悪を犯したことに、自分では気づかない場合もあります。

その部分にまで、光を当てられたならば、悪を犯さずに生きることは無理なのです。



例えば、一匹の虫も殺さずに、人生を生きることは不可能です。

殺したことを自分は知らなくても、実際には殺していることがあります。

自分の手で叩き落さなくても蚊取り線香が仕事をすることだって当然あります。

道を歩いているときにありを踏み潰しても気づいていないことも数多くあるでしょう。

知らずに殺している虫もたくさんいるのです。


また、牛肉や豚肉などを一生のうちにいったいどれくらい食べるでしょうか。

何頭牛を食べるのでしょう。何匹豚を食べるのでしょう。何羽鶏を食べるでしょう。

かなりの数を食べることになるでしょう。


その牛や豚や鶏は自分以外の人が殺してくれているので、自分に罪悪感はありませんが、その動物たちが、屠殺される現場に実際に居合わせたならば、そのあと、その肉を食べられたものではないでしょう。

動物たちはやはり殺されることを嫌がっています。

死にたくないのは、人間も動物も同じです。

今世の生命を全うしたいのは、動物も人間と同じですが、動物たちは、人間の食糧に供されるために生命を奪われています。

その現場を見れば、その肉を食べられたものではありませんが、その嫌いな仕事を他の人がやってくれているので、機嫌良く食べることができるのです。

魚だって同じです。魂もあり、喜怒哀楽の感情を持っています。

植物にも魂があります。動物や植物の生命を奪うことなくして、一章を生きることは今世に生まれた以上できません。


それは不可能なことなのです。

そのため、実際に、多くの動植物が犠牲になっています。さらには、そういう動植物だけではなく、多くの人たちの汗と涙、その他の努力のために人間は生活できているのです。


罪なくして、生きることはなかなかできるものではなく、むしろ罪多くして生きることになります。


そして、多くの動植物が、犠牲になってくれたとしても、それを贖えるだけの高度な価値を生む生き方「あの人が生きていてよかった」といわれるだけの生き方をしなければいけないのです。



(『復活の法』第4章因果応報より)


f0050567_16172379.jpg


ぽちっとな↓ 押してもらえると励みになりますm(-_-)m
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[2013/03/09 00:13] | 仏法真理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<感謝を求めるな(70) | ホーム | 心の平和(69)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hiroshimachuo.blog10.fc2.com/tb.php/301-ac8c462b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
幸福の科学 広島中央支部へようこそ!


広島市中区にある、市街中心地域の皆さまの「心の広場」です。愛と悟りを深め、ユートピア建設を目指しています。 ★広島市中区大手町2-7-7 小松ビル5階(BOOK OFF隣)にあります。お気軽にお越しください(^^)。

プロフィール

Hapica

Author:Hapica
「Hapica」です。
これから幸福の科学広島中央支部をご案内していきます☆
どうぞよろしくお願いいたします!

【所在地】広島市中区大手町2-7-7 小松ビル5階(BOOK OFF隣)

現在の閲覧者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。